プロジェクト規則

このプロジェクト規則(以下、「本プロジェクト規則」といいます)は、株式会社パルコ(以下、「当社」といいます)が運営する購入型クラウトファンディング・プラットフォーム「Booster」(以下「Booster」といいます)を通じて会員に提供される本サービスに関し、当社が制定した「Booster利用規約」(以下、「本利用規約」といいます)に附属して、プロジェクトオーナーのために、当社が制定する個別の規則です。 本プロジェクト規則において使用される用語の定義は、本プロジェクト規則で特段の定義が置かれる場合を除き、本利用規約の定義に従うものとします。

プロジェクトオーナーによるプロジェクトの企画・立案、プロジェクトの承認申請、Boosterへの掲載、サポーターの募集、サポーターとの売買契約の締結・履行などのプロジェクトの実施に関連する事項については、本利用規約および本プロジェクト規則が適用されます。
なお、本利用規約と本プロジェクト規則の内容が抵触する場合には、本プロジェクト規則が優先して適用されます。

プロジェクトオーナーは、本利用規約および本プロジェクト規則に同意のうえ、当社所定の手続きに従いプロジェクトの実施を申請し、当社により承認を受ける必要があります。プロジェクトの実施には、プロジェクトの承認時の本利用規約、本プロジェクト規則、注意事項などが適用されますので、十分、その内容をご確認ください。

第1条 定義

本プロジェクト規則において使用される用語は、次の各号に掲げるとおり定義されます。

  • (1)「プロジェクトの承認」-プロジェクトオーナーになろうとする者が、当社所定の手続きに従い、プロジェクトの概要、サポーターに引渡し・提供される商品・事業報告などの内容、数量、代金額、引渡し・提供の時期・方法・場所、プロジェクト成立資金その他のプロジェクトに関する条件、プロジェクト募集期間、売買契約を履行する能力・資金、プロジェクトの広告・宣伝活動、氏名(法人・団体名)・住所・電子メールアドレス・電話番号・銀行口座・SNSアカウント、およびその他当社が必要とする事項、ならびにそれらの裏付けとなる書類・資料などを当社に届け出て、プロジェクトの実施を申請し、当社がプロジェクトとしてBoosterに掲載し、サポーターを募集することを承認することをいいます。
  • (2)「サポーター情報」-売買契約に基づき商品の引渡し、事業報告などを提供する目的のため、当社からプロジェクトオーナーに提供されるサポーターの個人情報をいいます。
第2条 プロジェクトの承認
  • 1.プロジェクトオーナーになろうとする者は、プロジェクトごとに、当社にプロジェクトの承認を申請するものとします。
  • 2.当社は、その自由な判断により、前項の申請をプロジェクトとして承認するか否かを決定し、承認した場合、その旨を申請者に通知するものとし、この通知によって申請者はプロジェクトオーナーとなります。
  • 3.当社は、申請者が第9条第1項各号に掲げるプロジェクトオーナーの地位の喪失事由に該当し、またはそのおそれがある場合、その他申請者をプロジェクトオーナーとして認めることに不適当な事由があると判断される場合、プロジェクトを承認しないことができます。
  • 4.当社は、プロジェクトにおいて販売される商品が、次の各号に掲げる事由に該当し、またはそのおそれがある場合、プロジェクトを承認しないことができます。
    • (1)法令・公序良俗・社会秩序・社会道徳に違反する場合
    • (2)当社または第三者の特許権、商標権、著作権などの知的財産権、営業秘密、氏名・肖像権、人格権などの権利を侵害する場合
    • (3)当社または第三者を誹謗・中傷・侮辱し、または当社または第三者の名誉・信用を毀損する場合
    • (4)法令上必要な許認可・登録・届出などが取得されておらず、サポーター(商品の購入者)がこれらを取得することが不可能・困難な場合
    • (5)アダルト・わいせつ・児童ポルノなどの関連商品、異性との出会い・交際・性交渉・売買春の勧誘などの関連商品である場合
    • (6)犯罪(窃盗、詐欺、横領など)により取得された商品である場合
    • (7)火器・けん銃などの武器、爆発物、人体またはその一部である場合
    • (8)麻薬・覚せい剤・危険ドラッグ、有害物質・食中毒菌が含まれた食品など人の健康に有害な商品である場合
    • (9)コンピュータウィルスに感染したデジタルコンテンツである場合
    • (10)金融商品である場合
    • (11)ねずみ講、投資・利殖詐欺、マルチ商法などの違法もしくは反社会的商法に関連する商品である場合
    • (12)その他Boosterを通しサポーターを募集するのに不適切であると判断される場合
第3条 Boosterへのプロジェクトの掲載
  • 1.プロジェクトオーナーは、当社所定の手続きに従い、プロジェクトをBoosterに掲載します。
  • 2.プロジェクトオーナーは、プロジェクトをBoosterに掲載するに先立ち、その内容・表示・説明などを当社に開示し、掲載の承認を得るものとします。但し、当社の承認は、掲載されるプロジェクトの内容・表示・説明などが法令に違反することを予防する目的のため、当社によって自主的かつ任意的になされるものであり、当社の承認を得たとしても、プロジェクトオーナーは次項に定める義務を免れるものではありません。
  • 3.プロジェクトオーナーは、プロジェクトの内容・表示・説明などが、次の各号に掲げる事由に該当し、またはそのおそれがある場合、当該プロジェクトをBoosterに掲載することはできません。
    • (1)前条第4項の第(1)号ないし第(4)号に掲げる事由に該当する場合、または同条項の第(5)号ないし第(11)号に掲げる商品に関連する記述がある場合
    • (2)殺人・傷害などの犯罪や自殺・自傷行為などを勧誘・誘引・助長する場合
    • (3)プロジェクトの実施主体ないしその責任の所在を偽り、またはそれらが不明確な場合
    • (4)虚偽または誤認される場合
    • (5)比較または優位性の表現において、その条件の明示および確実性の裏付けができない場合
    • (6)事実ではないのに他の機関、団体等が支持、推奨、または保証しているかのような表現を用いる場合
    • (7)投機・射幸心を著しくあおる表現を用いる場合
    • (8)非科学的または迷信に類するもので、人を迷わせ、または人に不安を与える場合
    • (9)人種、民族、性別、思想・信条、社会的身分、身体的特徴、職歴、学歴、財産などに基づく差別的表現を含む場合
    • (10)本人の同意なく個人情報が利用されている場合
    • (11)その他Boosterを通じサポーターを募集するのに不適切であると判断される場合
  • 4.当社は、プロジェクトオーナーが前項各号に違反していることが判明した場合、Boosterからプロジェクトの掲載を削除することができるものとし、これによりプロジェクトオーナーに損害が生じても、当社は一切の責任を負いません。
  • 5.プロジェクトオーナーは、Boosterに掲載された文字、文章、イラストレーション、デザイン、標章、写真、映像、音声などを、当社が本サービスの広告・販促活動、当社の公報・企業案内などにおいて、自由に利用することにつき予め同意するものとします。
第4条 サポーターの募集活動
  • 1.プロジェクトオーナーは、プロジェクトをBoosterに掲載した後、その責任と負担において、プロジェクトの承認を申請した際に当社に届け出たところに従い、プロジェクトの宣伝・広告活動を行い、当社所定の方法に従い、SNSを通じプロジェクトの周知をはかるなどのサポーターの募集活動を行い、プロジェクトの成立に努めるものとします。
  • 2.プロジェクトオーナーは、前項のプロジェクトの宣伝・広告活動およびSNSを通じたプロジェクトの周知などのサポーターの募集活動を行うに際し、次の各号に掲げる事項を遵守するものとします。
    • (1)前条第3項各号に掲げる事由に該当する行為をしないこと
    • (2)プロジェクトの成立を目的とする行為以外の行為をしないこと
    • (3)プロジェクトへの応募以外の方法による商品の販売、または販売の勧誘をしないこと
    • (4)詐欺的・強要的手段を用いないこと
    • (5)脅迫行為・ストーカー行為をしないこと
第5条 プロジェクトの成立・売買契約の履行
  • 1.当社は、当社所定の方法に従い、プロジェクトオーナーにプロジェクトの成否を通知します。
  • 2.プロジェクトオーナーは、プロジェクトの成立後、本利用規約、本プロジェクト規則、および当社所定の手続きに従い、サポーターとの間の売買契約を成立させ、その責任と負担において商品、事業報告の製造・制作などを行い、Boosterに記載された時期・方法・場所に従い、サポーターに対し商品の引渡し、事業報告の提供などを行い、売買契約を履行します。
  • 3.プロジェクトオーナーは、当社所定の手続きに従い、プロジェクトの実施に関する原材料の購買、商品の製造・制作、商品の販売などの一切の取引につき、その取引記録を作成し、これに基づき収支計算書を作成し、これらの会計帳票とその裏付けとなる徴?を保管し、当社から要請を受けた場合は、その開示・閲覧に応じるものとします。
  • 4.プロジェクトオーナーは、品質不良・数量不足の商品、またはBoosterに掲載された商品とは異なる規格・仕様の商品をサポーターに引き渡し、Boosterに掲載された商品の購入代金以外の代金・費用などをサポーターに請求するなど、売買契約に違反してはなりません。
  • 5.プロジェクトオーナーは、売買契約に違反した場合、その責任と負担において、サポーターに対しBoosterに掲載された品質・数量の商品の引渡し・事業報告などの提供、損害賠償の支払を行い、サポーターとの間の苦情・紛争の処理などを行います。
  • 6. プロジェクトオーナーは、売買契約上の地位およびこれに基づきサポーターに対し有する商品の購入代金に関する権利を第三者に譲渡し、担保に供するなど一切の処分をすることはできません。
第6条 利用料金
本利用規約第10条に規定された利用料金の割合は、20%とします。
第7条 サポーター情報の取扱い
  • 1.プロジェクトオーナーは、自己の責任と負担において、サポーター情報を適切かつ厳重に管理し、商品の引渡し・事業報告の提供などに必要な配送業務、発信業務などを委託する場合を除いては、第三者に対しこれを開示・漏洩しません。
  • 2.プロジェクトオーナーは、サポーター情報を商品の引渡し・事業報告の提供などの売買契約の履行以外の目的で利用することはできません。
  • 3.プロジェクトオーナーは、サポーター情報につき、万一、漏洩、滅失、毀損などの事故が発生し、または発生するおそれが生じた場合は、直ちに当社にその旨を連絡し、当社の指示に従い、適切な措置を講じます。
  • 4.プロジェクトオーナーは、当社から請求されたときは、サポーター情報の管理状況につき、当社に報告します。
  • 5.プロジェクトオーナーは、前4項に違反し、サポーター情報の漏洩、滅失、毀損などにより当社またはサポーターに損害を与えた場合は、その損害を賠償する責任を負います。
  • 6.プロジェクトオーナーは、売買契約の履行が完了したときは、当社所定の手続きに従い、サポーター情報を当社に返還し、または破棄します。
第8条 禁止行為

プロジェクトオーナーはプロジェクトの実施に関し、次の各号に掲げる行為をしてはならないものとします。

  • (1)Boosterの運営、本サービスの利用を妨害し、または支障を与える行為
  • (2)当社または本サービスの提供事業に対し、その信用を失墜させ、そのイメージを低下させ、もしくは誹謗中傷を加える行為
  • (3)当社または第三者の所有権、著作権・商標権などの知的財産権、氏名・肖像権、その他一切の権利を侵害する行為
  • (4)会員、サポーターに対し不当に迷惑、不利益、損害を与える行為
  • (5)法令・公序良俗に違反する行為
  • (6)当社がサービスを提供するため使用する情報システムに不正にアクセスし、プログラム、データを漏洩、減失、毀損する行為
第9条 プロジェクトオーナーの地位の喪失
  • 1.当社は、プロジェクトオーナーが次の各号に掲げるいずれかの事由に該当するときは、プロジェクトオーナーの地位を喪失させることができます。また、プロジェクトオーナーが当該事由に該当するおそれがあると判断される場合、当社はプロジェクトの進行を停止することができます。
    • (1)プロジェクトの撤回(サポーター募集の取消)をしたとき。
    • (2)サポーターと締結した売買契約に違反したとき。
    • (3)前条各号に掲げる禁止行為を行ったとき。
    • (4)その他プロジェクトオーナーが本利用規約または本プロジェクト規則に違反し、プロジェクトオーナーとして認めることが相当でないとき。
    • (5)日本国外に住所または本店所在地を移転したとき。
    • (6)当社に虚偽の情報を届け出たとき。
    • (7)プロジェクト承認の申請時に届け出た住所または本店所在地に、郵便物、宅配物が到着しなかったとき。
    • (8)本利用規約および本プロジェクト規則、ならびにそれらの変更に同意いただけないとき。
    • (9)暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、総会屋、社会運動等標榜ゴロ、特殊知能暴力集団その他これらに準ずる反社会的勢力であるとき。
    • (10)支払停止または支払不能の状態にあるとき。
    • (11)解散となり、または営業停止の状態にあるとき。
    • (12)破産手続開始、民事再生手続開始などの法的倒産手続開始の申立がなされたとき。
    • (13)プロジェクトを実施し、売買契約を履行する能力・資金が不足すると認められる場合。
    • (14)その他、プロジェクトオーナーとしてプロジェクトを実施することが相当でないと判断されるとき。
  • 2.プロジェクトオーナーがその地位を失った場合であっても、プロジェクトオーナーが既に行ったプロジェクトの掲載、サポーターによるプロジェクト支援(商品購入)の申込み、これに対するプロジェクトオーナーの承諾によるサポーターとの売買契約の成立などは、原則として、影響を受けず、プロジェクトオーナーは、これらの行為によって発生した義務を免れることはできず、当該義務を履行しないときは、当社およびサポーターに対し損害を賠償する責任を負いますが、これに加え、当社が状況に応じ、別段の措置をとるよう指示したときは、その措置をとるものとします。
第10条 損害賠償
プロジェクトオーナーは、本利用規約または本プロジェクト規則の各条項に違反し、当社、サポーター、会員または第三者に損害を与えた場合、当該損害を賠償する責任を負います。
第11条 知的財産権
Boosterに掲載されたプロジェクトに含まれる文字、文章、イラストレーション、デザイン、標章、写真、映像、音声などに関し、プロジェクトオーナーまたは第三者が商標権・著作権などの知的財産権、氏名・肖像権などの権利を有する場合、当該権利はプロジェクトオーナーまたは第三者に留保されます。
第12条 再委託などの禁止
プロジェクトオーナーは、Boosterに掲載したプロジェクト中の明示的な記載により、プロジェクト支援(商品購入)の申込者に同意を得ている場合を除いては、プロジェクトの実施を第三者に再委託し、参加させ、またはその他の方法によりプロジェクトオーナーの地位の全部もしくは一部を第三者に委任・移転させることはできません。
第13条 本プロジェクト規則の改訂
  • 1.当社は、プロジェクトオーナーの承諾なく、何時でも本プロジェクト規則を改訂することができるものとします。
  • 2.本プロジェクト規則の改訂は、その旨をBoosterに掲載する方法によるものとし、Boosterへの掲載後のプロジェクトの実施については、改訂後の本プロジェクト規則が適用されます。
第14条 専属的合意管轄裁判所
当社とプロジェクトとの間で本利用規約または本プロジェクト規則に関連する紛争が発生したときは、両者で誠意をもって協議し、これを解するものとしますが、訴訟の必要が生じた場合は、東京簡易裁判所または東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。
第15条 準拠法
本プロジェクト規則の成立、有効性、解釈および履行などについては、日本国法に準拠します。

ページトップヘ